ちいさなお人形の毎日

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ エルフシリーズ着回し1日目TOPお洋服 ≫ エルフシリーズ着回し1日目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

エルフシリーズ着回し1日目


昔々、トルニーアに心優しい靴屋の夫婦がいました。
夫婦は靴作りの腕もよく毎日真面目に働いていましたが、
困った人がいるとつい自分の家に呼んで食事をごちそうしたりしてしまうので、
家計はいつも苦しく貧しい生活を送っていました。

クリスマスの近付いたある晩のこと。
とうとう靴の材料を買うお金がなくなってしまいました。
夫婦は最後に残った革を切って靴を作りはじめましたが、
もう靴屋を続けることができないかと思うととても悲しくなって、
靴を仕上げる前に眠ってしまいました。

次の日、目を覚ました夫婦はとても驚きました。
作りかけだったはず靴がちゃんと出来上がっていたのです。
その靴はとても素敵な出来栄えでしたので、高い値段で売れました。
夫婦はそのお金で二足分の革を買い、夜遅くまで一生懸命靴を作りましたが、
だんだん疲れてきたのでまた仕上げる前に眠ってしまいました。

するとどうでしょう。
朝になると、今度は二足分の靴が出来上がっているではありませんか。
この靴も立派な出来栄えだったので、高い値段で売れました。
それからは毎日同じことが続いたので、夫婦は靴屋を続けることができて喜びました。

ある晩、夫婦は一晩中起きていることにしました。
いつも素晴らしい靴を作ってくれるのが誰なのか、知りたいと思ったのです。
二人は工房の明りを消してベッドに入り、眠ったふりをしてじっと待っていました。
それからしばらくすると、工房の方から何やら音が聞こえてきました。
消したはずの明りもついています。
夫婦がそっとのぞいてみると、そこにいたのはみすぼらしい服を着た小人たちでした。
小人達は小さな体をせかせかと動かし、てきぱきと靴を作り上げると
あっと言う間にどこかへ消えてしまいました。
夫婦は小人達にお礼をしたいと思い、
小さな洋服を作って工房に置いておくことに決めました。

そして次の日の夜も、やっぱり小人達は工房へやってきました。
「うわあ、なんて素敵なシャツなの」
「あったかい帽子もあるよ!」
「このズボン、かっこいいなぁ」
小人達は大喜びで、すぐに洋服を手にとって袖を通しました。

Day1.jpg

ところが、一人の小人がはっとして言いました。
「この洋服、どうして僕らにぴったりなの?
まるで僕らが小人だって知ってるみたい・・・」
小人達は人間の家の屋根裏に住んでいたので、
姿を見られてはいけないという決まりになっていました。
人間に知られたらきっと大騒ぎになってしまうからです。

小人達は心優しい夫婦が好きだったので出て行きたくはありませんでしたが、
知られてしまってはもうこの家にいることはできません。
せめて最後に今までで一番素敵な靴を作ることにしました。

次の日の朝。
夫婦が起きてみると、そこにはすばらしく品がよく暖かそうなブーツがありました。
夫婦は喜んで、それを窓から見えるようにお店に並べました。
するとそこへ通りかかった王様が目を止めました。
「なんと素晴らしい!このブーツを我がスプレンドルミサス軍の
兵士達にも履かせてやりたいものだ」
と、王様は言いました。
そして、夫婦を王宮のおかかえ靴屋に任命したのです。
小人達はいなくなりましたが、夫婦の生活は楽になりました。

けれど夫婦はこの小さな恩人達のことを決して忘れることはありませんでした。
そして毎年クリスマスが近づくと、もしも小人たちが戻って来てもいいように、
小さなお洋服を用意して待っているのでした。


1日目:【靴屋の小人コーデ】
・防寒帽(純白の毛玉5×毛糸2×緑の液体1)
・木綿のシャツ/編み上げ赤(木綿4×赤い液体1)
・ショートベスト(木綿4×麻布4×茶色の液体1)
・ショートベスト(木綿4×麻布4×茶色の液体1)
・クリスマスエルフブーツ(クリスマス限定のクエストをクリアして入手)

出演:ボローニ夫婦、モーリアス国王
撮影提供:ボローニ邸
参考:グリム童話
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
採用決定!
2014年12月19日(Fri) 14:56
No title
編集
☆ユフィさん
わーい!採用ありがとうございます(*´艸`*)
ちょっとメルヘンすぎたかなとも思いましたが
かわいさ重視で押し切りました・・・(笑)
2014年12月20日(Sat) 19:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。